小児言語外来

※本外来は完全予約制です。

 

ことばの発達、発音、吃音に心配があるお子さんと、そのご家族に対して、

言語聴覚士が指導・助言などのサポートをいたします。

受診の流れ

  1. 医師の診察を受けていただきます。(予約は不要です)
  2. 後日、言語聴覚士よりお電話いたします。検査のご予約をお取りします。
  3. 予約日当日、ことばやきこえの検査をいたします。検査の結果はその場でお伝えします。
  4. 状況に応じてトレーニングをいたします。

言語療法の内容

ことばの発達が遅い

ことばの理解、おしゃべりがゆっくりである、コミュニケーションに心配があるお子さんを対象とします。

 

 対象年齢:3歳から小学6年生まで(訓練の受付は原則として就学前まで)

 

 検査・訓練:各種言語発達検査を実施し、お家での関わり方などのアドバイスをお伝えします。必要に応じて訓練を実施いたします。

発音が苦手である・聞き取りづらい

「サカナ」が「タカナ」に、「ラッパ」が「ダッパ」になるといった発音に苦手のあるお子さんを対象とします。

 

対象年齢:3歳から小学6年生まで

検査・訓練:各種言語発達検査、構音検査などを実施し、必要に応じて訓練を実施いたします。

 

ただし、訓練はしりとりができるくらいの発達を目安として開始します。(4歳頃から) 

吃音がある

ことばのはじめに「くりかえし」「ひきのばし」「つまり」がおきて、スムーズにお話しができないお子さんを対象とします。

 

—くりかえし:「あああああのね…」

—ひきのばし:「あーのね…」

—つまり:「っあのねっ!」

 

対象年齢:2歳から小学6年生まで

検査:訓練:各種言語発達検査を実施し、お家での関わり方などのアドバイスをお伝えします。必要に応じて訓練を実施いたします。

訓練の様子(例)

ことばの発達

お子さん一人ひとりの苦手なところ・得意なところに合わせてことばの発達を促す訓練を実施します。

発音

ノートを使用して練習をします。上手に言えるとお花の花びらが増えていきます。

吃音

かめさんのプレートを持って、ゆっくりお話しする練習をします。

ご費用

健康保険の適応となります。

お問い合わせ

ご不明点等は、お電話にてお問い合わせください。

 

電話番号 : 03-3859-3341